電子プリペードのアマギフ以外にも換金できるプリペードがありました。

GoolgeplayカードやiTunesカードの存在

先日、Amazonギフト券を、また、購入しようと考えていたのですが、他の電子プリペは換金できるのか?

気になって調べてみたので今回は、そのあたりの情報を書いていこうと思います。

iTunesギフトカード

実は、iTunesギフト券の存在は、Amazonギフト券より前から知っていました。と言いますか、私がAmazonギフト券の存在を知ったのが遅かったんだと思います。

iTunesギフトカードは、Appleユーザー御用達のiTunesストアで使えるプリペイドカードです。私はかろうじてクレジットカードが作ることが出来たんですが、クレカを持っていない方には、カードいらずでiTunesが使える便利なカードです。

どれくらいの換金率で交換してくれるのか、ネットで調べてみました。

検索上位のサイトを色々みると、やっぱり、アマギフと同じで買取サイトを利用するのが良いらしい。アマギフは90%くらいの換金率たったんで、85%くらいかなと勝手に想像してたのですが、以外と、安く78~80くらいの換金率でした。

今回利用したサイトはこちら。

Googleplayカード

正直、著者の人生で全くと言って良いほど、縁のなかったGoogleplayカードですが、最近会社から支給されている携帯がアンドロイドなのでGoogleplayストアをのぞいてみたんですが、アプリとゲームのお勧めばかりであまりそそられませんでした。

iPhoneユーザーとしては、画面がいまいち洗練されていない印象が残念でした。

さて、このGoogleplayカード、一体どれくらいで換金できるのでしょうか?
こちらも買取サイトで調べてみたところ、iTunesカードと変わらず、78~80%くらいでした。

まとめ

今回はGoolgeplayカードとiTunesカードの換金価格について調べてみました。
いろんなサイトをみていると、携帯のキャリア決済とかを使うと安くgoogleplayカードやiTunesカードが買えるそうです。

私は携帯キャリア決済を携帯代を滞納しまくって使えないので、大人しく今回はAmazonギフト券を現金化しました!笑

キャンペーンとかを使って少しでも高額で現金化したい人は試してみてください。

ありがとうございました!

押忍!