プロパンガスの最安値はいくら?プロパンガス適正料金を知る

業者で違うプロパンガス料金

各業者が自由に料金を設定する事が法律で決められているプロパンガス料金では、「A社はすごく安いのに、B社は非常に高い」という事態が起きています。それに比べると都市ガスは公共料金として安定的にエリア毎の都市ガス事業者が供給している特徴があります。消費者側はこうした料金の違いがある事からもどのガス業者を利用するかを自由に選択する事ができます。ガス代節約において、優良ガス事業者を選ぶことが重要である事がわかります。

参考記事:プロパンガス料金適正価格と相場 

【300円前後/1立方メートル】単価が最安値

この従量単価の設定はガス業者の違いで大きく異なります。200円台~800円台まで幅広く、使用量と単価設定次第では1万円以上もひと月に差が出る程です。
最近では安価過ぎる250円~270円の悪質な営業は減ってきましたが、未だに提案時だけが安い手法で営業を展開されている業者も確認できています。
200円台の安い業者が最安値で無い理由は、安い単価設定は後々必ずと言っても良いほどの確立で値上げされているからです。そうした業者の設定は最安値とは捉えておらず、多少の上下があったとしても供給し続けられる価格帯を提案する事が消費者にとってもガス業界にとっても良いと考えているからです。

参考記事:関東地方【料金編】 | プロパンガス消費者協会

適正ではない200円台の営業価格に注意

近年、とくに訪問営業で多い事例になりますが、200円台と安価な料金提案で消費者を欺くような営業手法があります。
これは、ガス会社の利益が殆ど無いような価格設定となっており、場合によっては赤字覚悟の大セールです。
しかし、こうした営業価格をずっと維持する事はできません。早くて数か月後、遅くても1年後には値上げされてしまいます。
こうした全国各地の良くない営業手法を考えると、適正価格は200円台後半からとなる300円前後といえるでしょう。

最安値での請求額と比較してみましょう
従量単価の最安値は300円台であることはご理解頂けたかと思います。 それでは次に、今のガス業者から最安値のガス業者に切り替えた場合に毎月の料金がいくら安くなるかをみてみましょう。

次でプロパンガス料金の計算方法を確認してみましょう。

請求額を最安値と比較計算

最安値価格の設定についてはご理解頂けましたでしょうか。
現在のガス事業者からきている検針票の使用量と請求額を比較し、最安値業者へ乗り換えた場合の値下げ額を把握しましょう。もしかしたら、現状維持がベストかもしれません。
──────────
<設定>
基本料金:1500円
従量単価:300円
──────────
5立方メートル使用時
3000円(税抜)

10立方メートル使用時
4500円(税抜)

15立方メートル使用時
6000円(税抜)

20立方メートル使用時
7500円(税抜)

25立方メートル使用時
9000円(税抜)

30立方メートル使用時
10500円(税抜)

40立方メートル使用時
13500円(税抜)

50立方メートル使用時
16500円(税抜)
──────────
いかがでしょうか?
関東圏内では280円で提供可能な優良ガス事業者も多数いらっしゃいます。
都心部から離れた山間部等では、なかなか業者数も少なく安価での供給が難しい場合もあるようです。

参考記事:神奈川のプロパンガス料金は高い?平均価格と適正料金を確認!

参考記事:神奈川県のプロパンガス最安値料金 | プロパンガス 料金比較サイト

地域のガス料金事情

地域の違いで最安値価格も変わってきています。
これは卸価格や輸入価格が影響する事もあるようですが、大きくはガス会社側の意識の違いです。
ガスコンビナートから卸業者への輸送コストなどを加味してもそこまで大きく価格差が出る事は考えられないのですが、地域によってガス会社の消費者へ向ける意識は低く、高いガス料金設定による利益確保の意識がみてとれます。
関東地方以外はガス料金が高く、特に東北地方や北海道地方は非常に高い地域性です。
安く出す事ができるにも関わらず、安価供給を避けてきた為、平均的にガス代が高い地域事情を創り上げてきました。
もう少し、消費者の意識が高くなりクレームやガス代に関する問題点へ触れる方が増えてくる事で時間をかけて改善されていくと感じています。
関東の安価地域の波が地方に伸びるまでにも時間経過と共に徐々に拡がっていきました。
最近では情報化社会の加速によって、こうした情報を知る方が増えるスピードが高まっていると感じています。

参考記事:【神奈川県】プロパンガス(LPガス)料金の適正価格と相場!

地域最安値供給が可能なガス会社とは

ガス会社へお問合せをして料金を聞いても何もわかりません。
各ガス会社ともに、高いガス料金である事を明言する訳でもなく、料金が各社明示されている訳でもありません。
最近はホームページ等で料金を都市ガスと同様に開示されてきていますが、まだまだ多くのガス会社では設定されている料金が公開されておらず分かりません。
こうした状況の中で最安値価格のガス会社を探すのは一苦労です。
色々なガス会社へ価格を聞いて回るしか方法はないのでしょうか?

そんな時見つけたのが、【まちがす】です。
こちらの団体のページには細かく料金について、安心できるガス会社について、大家さんや業者向けから一般家庭の消費者向けまで詳しくガスについて知る事ができます。
是非、【まちがす】を覗いて、ご自身のガス料金を把握してみましょう!

関連記事:神奈川県のプロパンガス平均料金はいくら?- 神奈川県のガス適正価格を考えます。 | 電力・ガス料金比較 セレクトラ

関連記事:神奈川県のガス会社|ガス自由化

関連記事:神奈川県のプロパンガス会社・LPガス販売店一覧【まちがす】